好きな足

ダディは大抵何かしらの足が好きなのではないか。
マイカー、バイク、鉄道、船、航空機、自転車・・・。
足は数えればきりがない。
ぼくが一番好きな足は船です。
船は、人となりが作り出した最も大きなはたらく編成物であり、やはりかねてから存在している。
そのせいか、他の足と比べてもどうしても懐の深い足ですような気がするのだ。
鈍いし、あまり低いわけではないし、乗り場は主流へんぴな場所にあるのだが、船内で話すあのゆったりとした時間は他の足ではずいぶん得られない。
必ず何もすることのない(できない)暇があり、自由に走り回ったり遊んだりすることのもらえる足は船くらいの存在です。
本当の何もすることのない暇を生み出してもらえる、貴重な足です。

Menu

HOME

 TOP