成長ホルモンの分泌は20歳程度を全盛とし年を経る

成長ホルモンの分泌は20歳程度を全盛とし年を経るにつれ減りますが、成人でも夜間睡眠をとっている間には作られています。
成人の場合の成長ホルモンは、昼間に酷使した筋肉の修復など、体の状態を元に戻す役割をしています。このバソプレシンの放出が、歳を重ねると少なくなってしまうので、夜に何度もトイレに起きてしまって睡眠リズムが崩れ、しっかりと睡眠をとれないという研究結果が最近報告され、脳科学の学問の世界では話題になっています。生後まもない子どもは18時間くらい眠り、覚醒している時間は6時間程度。
生後約半年でだんだん起きている時間が長くなり、幼児では10時間強、小学生では9~10時間眠る子どもが多いようです。
簡単に寝るコツは日中、スポーツしたり、散歩したりと体を動かしておくことです。ついでにお話しするとこのバソプレシンという抗利尿ホルモンは、幼児期は夜間でもそれほど分泌されないことがあります。深夜就寝中には脳の下垂体から成長に関わるホルモン分泌が促進されるので、特に子どもにとって十分な睡眠は大事です。
「寝る子は育つ」とよく聞きますが、これは脳科学的な視点からでも本当なのです。

Menu

HOME

 TOP