元々母はひどいアトピー持ちです。遺

元々、母はひどいアトピー持ちです。
遺伝したみたいで、私もアトピーを発症してしまいました。皮膚がボロボロになってしまって、日々の保湿ケアが欠かせません。
ケアを欠かしてしまうと、外出もできなくなってしまうのです。
別に母を責めるつもりはないのですが、私の子供に遺伝してしまったらと思うと、恐ろしくなります。
病気のインフルエンザに感染してしまうと学校などには、5日間出席できなくなります。インフルエンザに感染してしまったとしても、発熱の症状は2、3日で治まりますので、登校しようと思ってしまうかもしれません。たとえ熱が下がっても、くしゃみなどにウィルスはまだ潜んでおり、第三者にうつしてしまう可能性があります。
なので、出席停止の間はを家にいることが集団感染予防には大事なことです。近年の研究でインフルエンザ予防に対して乳酸菌が高い効果を誇るということが分かるようになってきました。
実際、インフルエンザというのはワクチンだけで完全に防いでいくことは出来ません。
日頃から乳酸菌を摂ることで免疫力がアップして、インフルエンザの予防となったり、症状を軽くしてくれる効果が高まると言われます。
運動不足は筋肉が弱くなるだけでなく、体の不調も起こってきます。
中でも女性に多く症状が見られるのは便秘症状です。運動不足を解消しようと、通勤時にエレベーターを使わず階段を上ったり、食物繊維をたっぷり含んだ食品を増やしたりするのが推薦します。できるのならば、便秘予防のためにも、週に1、2度はウォーキングしたり、好きな運動をして体を動かすのがお勧めです。もし、赤ちゃんがインフルエンザを発病したら、はなはだ大変なことに達します。
まだ体力がしっかりしていない赤ちゃんですから、インフルエンザの高熱に体が耐えうるのかが案じられますし、インフルエンザで亡くなることも考えられるでしょう。ですから、インフルエンザが広がっている時には、赤ちゃんを外に出さない方が打倒かもしれません。

Menu

HOME

 TOP