この数年乳酸菌がアトピーの皮膚炎に

この数年、乳酸菌がアトピーの皮膚炎によいことがわかってきています。
実はアトピーの原因はいろいろありますが、毎日のストレスや偏食などによって引き起こされる場合もあります。
アトピー患者の大部分は腸内環境が整っていないため、乳酸菌をとることでおなかの環境を整えることがアトピーを完治する手段となります。
腸や体の健康に乳酸菌が良いというのは周知の事実です。しかし、乳酸器は胃酸が苦手なので、せっかく食べても胃で死滅して効果は期待薄ではという考えを持つ人もいます。
実際は乳酸菌が生きてるとか死んでるとか関係なく摂るだけで腸の免疫機能がアップして、ひいては体の健康増進になってくれるのです。便通をよくするのに効果的なものは、乳酸菌が摂取できるサプリです。おなかの調子、環境をちゃんとすることの重要性は頭に入っていても、ヨーグルトや乳酸菌飲料などに苦手意識がある人もたくさんいます。
連日乳酸菌を含む食品をとるのは大変苦労します。
乳酸菌が入ったサプリなら、気軽に確実に吸収することができますので、便秘の解消に役立ちます。
私の子供がアトピーであると診断されたのは、2歳になったところのことでした。
膝の裏にかゆみも感じていたようだったのでそう伝えると、対策として、皮膚科でステロイドを処方されました。
2年のあいだ、ステロイドを治療に使い続けて、気をつけながら子供の様子に注意していたのですが、かゆみや皮膚の赤みは一旦ひいてもまたすぐにぶり返し、一向に具合が良くなってくれません。
結局、ステロイド剤を漢方薬に変えて食事を見直してみたら、ようやくそれらの症状も落ち着きました。実際、便秘になっても、薬によって簡単に、対策はできるとは思いますが、薬にばかりに頼ってしまうのはよくないので、食生活を見直してみてください。特に食物繊維を豊富に含んだ食品を摂取すると効果的で、不溶性と水溶性といった2つの食物繊維をバランスよく摂ることが大切です。野菜やきのこ類、海草類を積極的に摂りましょう。

Menu

HOME

 TOP