インフルエンザをあらかじめ防ぐために乳

インフルエンザをあらかじめ防ぐために乳酸菌が効くといわれています。大体1年くらい前に、テレビで子供に乳酸菌が豊富なヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザに罹る児童が大幅に減ったというコンテンツを見ました。
娘がちょうど受験の時期だったので、それからというもの、ずっとヨーグルトを食べさせています。乳酸菌が腸まで届くといわれているヨーグルトが特に効果があるそうです。
普段より屁の臭気に悩んでいる方は乳酸菌をとるといいのではないでしょうか。
おならによる臭いの原因は内臓ある悪玉菌にあるとされています。
ということで、お腹の中の善玉菌を増加させ、悪玉菌の増加を防止する能力のある乳酸菌を継続して摂取ことによりおならの臭気を和らげることができます。オリゴ糖は乳酸菌の数を多くする成分として目を止める存在となっています。オリゴ糖を摂取した乳酸菌の動きが活発になり、内臓、悪玉菌が増えるのを阻害し、腸内環境を正常な状態に近づけてくれます。
乳酸菌とオリゴ糖はどちらも内臓の働き向上や健康には必要不可欠な成分であるといえます。
何日も大きい方が出なくなると、体にとって不要なものが体の外に出ないため、口臭の原因となります。どれだけ食事のたびに歯磨きをして、フロス、マウスウォッシュで口の中を清潔にしても、口の臭いは腸から胃を通って不要なものを出そうとし、口臭を引き起こすのです。この場合、便がでるようになると、口の臭いも自然と亡くなると言われています。
息子がアトピーだと医者から診断されたのは、まだ2歳のときでした。
膝の裏がかゆいと動作で訴えていたので、皮膚科からはステロイドを処方されたのでした。
そうして2年ちょっとステロイドを与え続けて、気をつけつつ子供の具合をみていましたが、かゆみや皮膚の赤みは一旦ひいてもまたすぐにぶり返し、一向に回復した、という状態までいきませんでした。結局、ステロイド剤を漢方薬に変えて食事を見直してみたら、小学生になる頃にはすっかり症状は収まりました。

Menu

HOME

 TOP