というよりもインフルエンザは風邪

というよりも、インフルエンザは風邪と比較すると違うもの知られています。その症状は1日から5日ばかりの潜伏期間を経て、すぐに高熱となり、3日から7日程度それが続きます。
種類によって、筋肉や関節の痛み、腹痛や下痢など症状が微妙に違います。
でも、肺炎を併発したり、更に脳炎や心不全を起こす事もあるので、恐れるに匹敵する感染症です。ずっと先天性のアトピー性皮膚炎を患っており、小さい頃は、「親虐待を受けてるんじゃないか?」と疑われる程、痛ましい見た目でした。
いろいろな治療法を施してみても、効果が全くなかったのに、家を住み替えたところ、直ちに肌がきれいになり、痒みもなくなりました。いっそ環境を変えてしまうのも、アトピー治療に向くのかもしれません。いつ乳酸菌を摂れば良いのかですが、決められたものがあるわけではないのです。目安の量と回数は商品パッケージを見れば、まずはそこから始めて下さい。 摂るよりは、何回かに分けた方が体内への吸収ということで効果を実感できます。
乳酸菌をどう選べばよいかというと、とりあえずは、これ!と思う乳酸菌の商品を試してみることが良いでしょう。
このごろは、乳製品の味ではない乳酸菌飲料も存在するし、乳酸菌サプリというものも売られています。
私は腸まで届く効果のある乳酸菌飲料を初めて口にしてみたとき、翌日、トイレから出られない状態なったので、休日前に試すといいでしょう。
乳酸菌は多くの健康効果があるといいますが、中でも整腸作用の効力が高いということです。お腹の中の善玉菌数を増やすことで腸の活動が活発になり体の中に停滞していた便が排泄されやすくなります。
ですので、便秘や下痢がよくなるといわれています。
乳酸菌を日々飲むことで内臓、腸を整える効果が高まります。

Menu

HOME

 TOP