このことから初心者の場合店舗型で行えば

このことから、初心者の場合店舗型で行えばすんなりとできると言えそうですが、なるべく安い方がいい、自分で調べてできるという人の場合にはオンライン型がお勧めです。株を取引する際には、取引手数料を払う必要があります。
この取引手数料について言うならば、証券会社によって金額に差がありますが、店舗型の場合オンライン型に比べて高めだと言えます。
ですが、店舗型は担当者の意見をいけるといった良い部分もあります。店舗型ならば、運転免許証または保険証というような身分証明書と共に振込先として利用する預金口座の番号を用意して申し込むことにより、申し込んだその日に口座の開設が可能で、取引も始めることが可能です。その一方、オンライン証券に限って言えば、必要事項をネット上で記入した後に身分証明書をアップロードすることにより当日に口座を開設、翌日になれば取引を開始できます。口座が開設できればその口座にお金を入れることで、株の取引を開始できます。株は手元もしくは銀行にお金を預けているのみでは、買うことは不可能なのです。
まず証券会社の口座を作ることをしなければなりません。
証券会社はオンライン型と店舗型の二つの種類に区別できます。

Menu

HOME

 TOP