それから大学によっては全授業が英

それから大学によっては、全授業が英語という大学もあるほど使われます。さらには、CMやテレビ番組も字幕もなく英語のみで放送されています。
セブへの留学が人気のわけはいろいろあります。
一つ目は留学費用の安さです。通常だとアメリカやヨーロッパといった欧米諸国で見た場合、毎月の授業料並びに食事といった生活費は30万円以上かかってしまうのですが、セブ島であればおおよそ15万円程度です。ところが、現在、フィリピンにあるセブ島という場所への語学留学が人気を集めています。
フィリピンで使われる公用語はフィリピン語というものがあるのですが、2つ目の公用語としてフィリピン語と同様に学校の授業で教えられています。
それから更に欧米諸国と比べるととても日本との距離が短いことによって、飛行機のチケット代も安価で済みます。
またビザを見てみてもフィリピンだと30日間までなら必要ないのです。マンツーマンのスタイルなら分からないところはそのたびに質問可能ですし、理解できるまで勉強できます。それに授業内容も発音を中心に、ビジネス英語を主体としてなど希望に沿った授業を受けるといったことができます。

Menu

HOME

 TOP