ズワイガニのメスは「セコガニ」と呼

ズワイガニのメスは、「セコガニ」と呼ばれます。ある場所では、セイコガニと呼ばれたり、香箱ガニと呼ばれたりすることもあるでしょう。雄を美味しく食べる方法は、カニ味噌もいいのですが、大方は脚の身をゆでガニ、焼きガニ、鍋などにして頂くことが世間一般では多いです。
反対に、雄より小さいセコガニは脚の身も当然少ないのですが、内子や味噌、そして外子がうまく配合されており、多くは、そういった部分を湯がき、珍味として食べます。ここのところ毎年、かに通販を使ってかにを買って良かったと思うようになりました。それはどうしてかというと、最近のネット通販の普及はものすごく、全国の産地からかにを直送できるのです。通販で冷凍のかに、は昔の話です。
最近は生のかにもおいしく買えるようになったのでもう、かにが食べたくなったら、近所のスーパーには行きません。
まずはかに通販、が当たり前になっています。
蟹の種類の一つである渡り蟹。
正式名をガザミという、内湾に生息する大型の蟹で、かつては東京湾でも獲れたそうです。
現在では有明海や瀬戸内海などに分布していますが、最近は国産に加えて中国などの輸入品も多く出回っています。食用の蟹の中では特に大型であり、身肉や蟹ミソに加え、秋から冬にかけてはメスの卵巣も美味として知られ、古くから愛され、かつては食用の蟹といえば渡り蟹を指していたほどでした。様々な食べ方が楽しめる渡り蟹。中でも茹で蟹や蒸し蟹にして食べるのが最も普通の食べ方のようですが、パスタや味噌汁の具、また韓国のチゲの具材としてもよく使われます。皆さんは中華料理と言えば何を思い浮かべますか。いろいろな中華がある中で上海蟹は高級料理としてその名を轟かせています。
そもそも上海蟹とは、どういった蟹を言うのかと言うと中国で獲られる淡水域に生息する蟹のうち、揚子江下流域で見られ、これを指して上海蟹というのです。年間通して入手可能なのでどんな季節に行ったとしても楽しめますが、メスはお腹にたくさんの卵を内包した状態にある10月ごろと、雄の上海蟹の場合は11月頃がよく、特にこの時期の白子の口当たりはねっとりとしていて最高の食感で、格別の味とされ、大切にされています。蟹を買うならブランド蟹がお勧めです。色々な種類がありますが、多くの人が一番に思い浮かべるのはズワイガニではないでしょうか。
蟹本来の旨味や、繊細な味わいに優れています。
一度その味わいを知ってしまうと、他の蟹など比べ物にならないと気付くでしょう。
ズワイガニには、産地やオスメスによっていくつもの種類がありますが、どこのズワイガニかを見分けるには脚のタグを見ればよいのです。タグがしっかりしていれば、味や品質はお墨付きということです。皆さんも、ブランド蟹の購入を検討する際には、タグが付いているかどうか、まずはチェックしてくださいね。

Menu

HOME

 TOP