降水の太陽の楽曲

降雨は基本的に嫌う。
どちらかといえば出掛けるのが好きであり、持ち家に閉じこもっているのは得意ではない。
最も事柄がなくても外側でに出る。
も、降雨が良い時もある。
楽曲を聞きたい事例です。
真夜中に訊く楽曲も良いが、降雨の日光に訊く楽曲もとてもいい。
降雨という陣営が外側との由縁を遮断してくれ、自分だけの各国を作り出してくれるのだ。
まだまだ大きめの雑音で聴いても、降雨雑音がかき消して受け取る。
ライブハウスの中で独自内面に浸って聴くのと思い切り間近い感受性です。
楽曲が好きな輩であればわかって受け取るというが、あの雑音にうずもれる感受性が喜べるのは、見た目なデータベースが鎮まる夜中か、周りの景気から隔離された気になる降雨の日光です。

Menu

HOME

 TOP